健康美肌に導く化粧品

アレチウリの駆除方法、almo農園の農園再生への戦い!

横尾 恵美
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
横尾 恵美
元エステティシャン、子育て主婦が化粧品を作りました。福島県の畑でヘチマを育てて化粧品に配合しています。余計なモノは入れず、親子で楽しめるスキンケアをご提案しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、almo化粧品開発者の横尾恵美です。

 

今日はalmo化粧品に配合されているヘチマを作っている、almo農園にの困りごとついて。

 

今年もアレチウリがはびこる季節になってきました。

 

このアレチウリに困っているんです。

 

almo農園のアレチウリ駆除方法を書いていきます。

 

特定外来生物 アレチウリとは

 

 

こちらは7月のアレチウリの様子です。

 

葉は手のひらくらいの大きさになり、茎も太くなってきます。

 

作物の上に覆いかぶさるように、どこまでも伸びていきます。

 

ウリ科の一年生草本で、生育速度が非常に速いつる性植物で、長さ数~十数mになる。群生することが多い。果実に鋭い棘を密生する。

特定外来生物に指定されている。

日本の外来種対策より

 

とにかく繁殖力が強い!

 

そして種をつける量が半端ない、、

 

1株当たり400~500個の種子をつけるが、25,000個以上との報告もある。と書いてある。

 

どうりで、抜いても抜いても生えるわけだ、、

 

日本中の河川や山、畑、とにかく沢山の場所で確認されており、すさまじい繁殖力と在来種を枯らしてしまうことから、特定外来生物にされています。

 

各地でアレチウリ駆除作戦が行われているが、追い付いていないのが現状です。

 

 

5月からスタート、アレチウリ駆除方法

 

5月頃に芽が出てきます。

 

目はかわいい双葉で何かお花の芽なのかな?

 

と思わせる感じで、このころは簡単に抜けます。

 

根っこはもやしのように、ひょろっとしています。

 

この芽があの怖いツルに育つなんて。。

 

 

こんな感じに力入れなくても、するっと抜けます。

 

しかし、あっという間に全体に広がります。

 

数がすごいんです。

 

芽が出たと思ったら、どんどんツルが伸びていきます。

 

 

アレチウリ駆除の方法は、とにかく手で抜いていくしかないです。

 

5月の炎天下の中、、アレチウリ駆除スタート。

 

葉が5㎝くらいの子の頃は、手でも根っこまで簡単に抜けます。

 

するっと抜けるので、きれいに抜けると快感です。

 

最初はそんなこと言ってられるんですが、量が半端ないんです。

 

特定外来植物に指定されているので、移動することは禁止されています。

 

この場所で枯れるまで、置いておきます。

 

 

あ~何とかきれいになった~~!

 

とこの日はいったん終了。

 

と、、2週間後

 

 

ま、また芽が出てる。。

 

そうなんです、このアレチウリはこれが厄介な点です。

 

抜いても抜いても、また芽が出てくる。。

 

また、手で取っていくしかありません。。

 

 

本当に同じ場所に、同じくらいの数の芽が出ていました。

 

ってことは、相当数の数の種が土の中にあるんだろうな。。

 

 

身をもって、アレチウリの怖さを知る。。

 

almo農園は福島県本宮市にあります。

 

ココは祖父の家で、今は誰も住んでいない空き家になっています。

 

週末の休みにここに来て、自分たちの食べる野菜を育ててきました。

 

しかし、東日本大震災後ここ本宮市は60キロ離れていますが、やはり畑にあまり近づかなくなりました。

 

作った作物も安全なのか、安全ではないのか。。いろんな情報が錯綜し、不安ばかりが募りました。

 

この畑をずっと耕してきたのに、こんな悲しいことはありませんでした。

 

気付けばあまり畑にいかない、そんな日々が何年かありました。

 

震災から5年くらいが経ち、だんだん畑に入るようになりました。

 

出来た野菜は放射線検査に出しました。

 

何品目か行いましたが、全て限界値以下でした。

 

ホッとしたのもつかの間

 

畑とは、人が入らなくなると荒れるのは早くて、、

 

今まで見たことのない、ツル植物が畑の奥一面に広がっていました。

 

なんていう植物だろうね~~なんて言っている間に、、

 

夏には、花をつけました。

 

これがアレチウリだと分かるのに時間がかかりました。

 

なんせ、いままで見た事ないツル植物でした。

 

そして、さらに驚いたのが、その花にスズメバチが寄ってくるんです。

 

ツルが広がっているところはスズメバチがいるので、こうなってしまったら近づく事が出来ません。

 

こうして、駆除できない合間にドンドン手前の畑までやってきました。

 

畑を覆い、その下の作物を枯らすだけではなく、気に覆いかぶさり、木を倒してしまうんです(;´∀`)

 

 

ジューンべりーももう少しで倒れるところでした。。

 

何とか添え木をして立っています。

 

斜めになってしまいましたが、今年は沢山の実を付けてくれました。

 

こうやっていただけることが嬉しくて仕方ありません。

 

子供達も大喜びで食べていました。

 

 

この梅の木は去年、アレチウリに覆われてしまいました。

 

 

アレチウリは1年草なので、秋に花をつけ種を落とすと枯れます。

 

しかし、ツルが枯れたまま、このように木に絡みついたままです。

 

花が咲き終わるとスズメバチはいなくなるので、こうなったら、手で覆われたツルを取っていきます。

 

枯れたツルもチクチクしているので、注意が必要です。

 

クズのツルも生えていますね。。。

 

クズとアレチウリの最強ツルコンビは、大きくなってしますと、どうしようもありません。。

 

アレチウリの駆除は5月から、できるだけ小さいうちに行ってください。

 

6月の梅雨も土が濡れているので、抜きやすいです。

 

雨ですが、この時期を逃したら終わりです。。

 

7月、現在の様子

 

これは7月12日のアレチウリ。

 

もう手の平くらいの大きさがあり、ツルもかなり伸びて全体を覆っています。

 

こうなると、どこから生えているのかわかりませんが、駆除方法はとにかく引っ張るしかないです。

 

アレチウリはクズのように、ツルの強度はありません。

 

手の力で引っ張れば、地面から離すことができます。

 

クズはコノコギリで切るしかなくなるので、それよりは楽です、、

 

が、量が多いです。。そして早い。。

 

 

 

あっという間に一面に広がります。

 

しかし、この7月を逃してしまうと花が咲いてしまいますので、最後のチャンスです。

 

この日も雨でしたが、母と二人掛かりで午前中かけて、ほぼ抜いたと思います。

 

後はこの場で枯れるのを待ちます。

 

汗と雨で全身びちょびちょです。。

 

今年は花が咲く前に、だいたい駆除できたのであまり種は落ちないと思いますが、、

 

土の中にまだまだ種があると思うので、何年かかけて、これを繰り返していくしかないのかな、、と思っています。

 

アレチウリ駆除方法のまとめ

5月に芽が出てきた時点で1度全部取ります。

 

すると6月になる前には新しい芽が出てきます。

 

また、それを取ります。

 

機械でつるの上だけを切っても、また伸びるので、出来るだけ小さな時に抜いていくしかないです。。

 

このように、何度か繰り返していきます。

 

8月に花を咲かせる前に可能な限り、引っこ抜く。。

 

かなり体力は使いますが、これが1番早いように思います。

 

何年か計画で行ってください。

 

almo農園もアレチウリとの戦いは、まだまだ終わりそうにありません。。

 

農地の再生はかなり大変です。。時間と体力が必要ですね、、

 

あまり人が入らなくなった、奥の畑はアレチウリがはびこっていますが、お手入れしていた手前の畑でヘチマや野菜を作っています。

 

almo農園のヘチマ

 

今年は日照不足で、、ちょっと元気がなかったヘチマ達。

 

そろそろ太陽が欲しいですが、大きくなっていて安心しました。

 

このヘチマからヘチマ水を収穫し、化粧品に配合しています。

 

 

それが、almo化粧品です。

 

福島の豊かな自然から生まれたお化粧品です。

 

 

almoアルモ化粧品お試しサイズ

almoアルモトライアルセット(8日分)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
横尾 恵美
元エステティシャン、子育て主婦が化粧品を作りました。福島県の畑でヘチマを育てて化粧品に配合しています。余計なモノは入れず、親子で楽しめるスキンケアをご提案しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© almoアルモ 自然の恵をいただく化粧品 , 2019 All Rights Reserved.