健康美肌に導く化粧品

漂白しないで、きれいなへちまたわしを簡単に作る方法、収穫時期

横尾 恵美
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
横尾 恵美
元エステティシャン、子育て主婦が化粧品を作りました。福島県の畑でヘチマを育てて化粧品に配合しています。余計なモノは入れず、親子で楽しめるスキンケアをご提案しています。
詳しいプロフィールはこちら

福島県本宮市でヘチマから化粧品を作っています。

 

去年2019年は9月18日にヘチマ水を採りました。

 

だいたい中秋の名月の頃と言われています。

 

天候などを見ながら採る時期は決めています。

 

今年はヘチマたわしも作ってみました。

 

almo農園のヘチマ

完全無農薬、夏の間、自然の恵みをたっぷり浴びて大きく育ちました。

 

ヘチマの化粧品はヘチマ水を使用します。

 

ヘチマ水は、根とツルからポタポタと落ちる水分を集めるので、じつは実は関係ないんです。

 

種を採るために、数本はそのままにしますが、ヘチマ水を採るとツルを切ってしまうので、ヘチマ自体は枯れてしまいます。

 

ヘチマたわしの作り方

いろいろな方法がありますが、今年うまくいったので、その方法をかきます。

 

ツルを切って、そのままにしていくと実が腐っていきます。

 

水の中に入れて腐らせて、皮を剥ぐ方法もあるのですが、

 

腐るので、においも臭いし、、色が茶色のように汚くなってしまうんです。

 

そうすると、キレイに白にするために漂白剤を使用したりします。

 

自然の物を使っているのに、出来れ漂白剤は使いたくないな。。

 

そう思っていると、煮るって方法があるようなので、試してみました。

 

大きな窯でヘチマをそのまま煮ます。

 

沸騰させて、皮が柔らかくなるまで煮ます。

 

芋煮会用の大きな窯で、外で煮ました。

 

煮えたら、熱いまま水に付けます。

 

熱いので注意。。

 

水に付けると、、あら不思議。

 

 

皮がペラペラ~と剥けていきます。

 

よく煮えてない部分はうまくいかないですが、ゴム手袋でゴシゴシすれば剥がれます。

 

中に種があるので、振り回すと出てきます。

 

子供が楽しそうにやってました(笑)

 

こんなにきれいになります。

 

種や、ジェルっぽいところを水でよく洗えば、OK。

 

 

後は干します。

 

ベランダに洗濯もののように干しました。

 

完成 ヘチマたわし!

どうでしょうか。

 

キレイにできました!

 

新しいヘチマたわしの使い方を考える

中は種の部屋、きれいな作りに驚く!

 

せっかくヘチマを作っているのだから、ヘチマたわしも何かに使えないかな。

 

ヘチマたわしの特性

  • 自然素材でエコ!
  • 繊維がしっかりしている
  • 乾いていると硬い
  • 濡れるとしっとりするけど、しっかり繊維はある
  • 乾きやすい
  • 繊維は網目状に縦、横に層になっている

 

皆さんからのアイデア募集中です。

 

いろいろ研究してみます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

almoアルモ化粧品
この記事を書いている人 - WRITER -
横尾 恵美
元エステティシャン、子育て主婦が化粧品を作りました。福島県の畑でヘチマを育てて化粧品に配合しています。余計なモノは入れず、親子で楽しめるスキンケアをご提案しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© almoアルモ 自然の恵をいただく化粧品 , 2020 All Rights Reserved.