健康美肌に導く化粧品

【子育てママ必見!簡単美容】ママの日焼け対策で大切な事と日焼け後の対策 アルモ化粧品

横尾 恵美
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
横尾 恵美
エステティシャンとして年間1000人以上の施術を行ってきました。最先端の化粧品を使ってきた私が、ママになって本当に使い続けたい化粧品を作りました。福島県の畑でヘチマを育てて化粧品に配合しています。余計なモノは入れず、親子で楽しめるスキンケアです。
詳しいプロフィールはこちら

化粧品メーカーですが、日焼けクリームなど化粧品で100%日焼けしないようにするのは無理だと考えています。

 

化粧品に効果がないと言う話しではなく、過信は危険と言うお話し。

 

化粧品だけじゃなく、帽子や羽織り物などの併用が大切ですよ!

 

\この記事はこんな方におすすめ/

  • 美容は簡単に時間をかけたくない
  • 子育て中で時間がない
  • ママでもキレイでいたい

 

そんな方へ向けて、アルモ化粧品開発者、横尾恵美が簡単美容のコツをお届けします!

 

アルモ化粧品商品紹介はこちら

 

私の経験から分かったこと

エステティシャンとして東京の大手サロンで働いていた時の話しです。

 

A様、60歳過ぎのお客様がいらっしゃいました。

 

すごくキレイなんですが、目元と口元の肌に差があるのが見て分かりました。

 

口元の縦じわを気にされてエステに通っていたのですが、その方、実は趣味がゴルフだったんです!

 

もちろん美意識は高く、ゴルフされる際は日焼けクリーム、サンバイザーをして対策ばっちり!にしてるんだけどね~~と。

 

目元はサンバイザーで日が当たらないけど、口元は日が当たってるからね〜とおっしゃっていました。

 

なるほど!!

 

納得したのと同時に、紫外線でここまで差が出るのかと思った記憶があります。

 

紫外線対策は併用がおすすめ

人間の肌は汗もかくし、筋肉で動いています。

 

日焼けクリームだけでは、寄れたり取れてしまうので完璧とはいかないようです。

 

直接日差しを肌に当てない事が重要です。

 

紫外線が肌老化を早める

そこで感じた事はもう一つ、紫外線が老化を早める原因って本当なんだなぁ。ってことでした。

 

もちろん教科書では習ってましたが、実感した出来事でした。

 

同じ肌、同じケアでも差が明確でした。

 

この経験から分かる、日焼け対策

子育てしながらだと、なかなか日焼け対策って難しいですが、ちょっとした積み重ねが未来の肌を作って行きます。

 

直接紫外線を肌に当てない!!が大切

 

併用しよう
  • 必ず帽子をかぶる(ツバ大きめ)
  • 1枚薄いカーディガンを羽織る
  • 日傘(子育て中は無理、、)

帽子は荷物になるので、リュックにたためるタイプの布製帽子を常備しとくのがおすすめです。
.

子供と一緒だと、必ず忘れるので。。

 

日焼け対策グッズをうまく利用しながら、夏の公園も楽しみたいですね‼︎

 

でもたまには、あまり気にせず子供と一緒に日差しも楽しむことも大切。

 

過剰に気にし過ぎると、お外遊びが辛いので、、

 

日焼けしてしまった後の対策

どうしても日焼けをしてしまう時ってありますよね。

 

その時はしっかりその後のケアをしてあげることで、肌のダメージを最小限に減らせます。

 

日焼けした後のオススメ対処法

肌の上の炎症を早く抑える&保湿が大切!

アルモヘチマローションでローションパックがオススメですよ!

日焼けしたところにコットンを置いて、ローションをスプレーするだけ。

アルモヘチマローションはヒリヒリほてり肌でも刺激になりません。家族みんなで日焼け対策に使っていただけます。

 

日焼けしちゃった時は、その後にしっかりケアしてあげれば大丈夫!

 

ご飯作りながら、ローションパックをしてます(笑)

 

ぜひ、参考にしてください。

 

almoアルモ化粧品
この記事を書いている人 - WRITER -
横尾 恵美
エステティシャンとして年間1000人以上の施術を行ってきました。最先端の化粧品を使ってきた私が、ママになって本当に使い続けたい化粧品を作りました。福島県の畑でヘチマを育てて化粧品に配合しています。余計なモノは入れず、親子で楽しめるスキンケアです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© almoアルモ 自然の恵をいただく化粧品 , 2020 All Rights Reserved.