なぜ、ただの福島県の主婦が化粧品を作ったのか。

こんにちは、almo自然の恵をいただく化粧品、横尾恵美です。

今日はなぜ、化粧品を作ったのか、そしてその先にあるものを話してみたいと思います。

朝ドラでは、萬平さんがラーメンを作っている。誰になんと言われても、何度も失敗しても、完成を信じて作り続けている。「僕には美味しいと言ってラーメンを食べている、みんなの笑顔が見える」そう言って、萬平さん今までにない「お湯をかけるだけで食べれるラーメン」を作り続けている。

朝ドラを見ている方なら分かると思うが、それは、それは大変なこと、、子供はいじめられ、近所の人には影口をたたかれ、周りはやめろと言ってくる。実際のラーメン作りもうまくいかず、失敗の連続。

私だったら、途中で投げ出してしましそうだ。しかし、やり続ける、

萬平さんは信念を持って、出来るまでやり続ける、ている。そして今の日清食品につながると思うと、本当にすごい。

ドラマなので描写されていない苦労も沢山あっただろう。モノづくり出す人の苦しみは計り知れないなーと見ていていつも感じる。

それでも、大変なラーメン作りを続けたのは「信念」だと思う。萬平さんには、世の中の人に喜んでもらいたい、笑顔になって欲しい。その信念があった。

では、本題に入る。

なぜ、福島の普通の主婦、横尾恵美は「almoアルモ自然の恵をいただく化粧品」を作ったのか。

初めてお会いする方に必ず聞かれる。「なぜ、化粧品を作ったんですか?」と。

その質問に答える度に、涙声になってしまう。声がつまりながらも、いつもこう話している。

「子供たちの未来を作りたいんです。」

今、福島の子供たちは福島県で育っている。福島しかしらない子供たちの中で暮らしているから、みんな何も感じないと思う。

私にもこんな経験がある。私が高校卒業して東京に行った時だった。それまでは、自分も周りも訛っているなんて、全く思ってなかった。訛っているのは、おばあちゃんくらい。。そんな風に思っていた。

そして、東京に行き、全国から集まって来た人の中に身を置いたとき、「自分は訛ってたのか」そう痛感した。

もちろん、友人にも、バイト先の店長にも、訛ってるね、そう言われた、それで初めて認識した。

今までの生活では、周りみんなが訛っていたから、気が付かなかっただけだった。

しかし、人は自分と違うイントネーションで話しているのを面白いと思うらしい。もちろん笑われることもあった。

バイト先の店長に至っては、その訛りを直せと標準語レッスンを始める。何回も100円と言わされたが、何が正解か、その時は全然わからなかった。

正直、「福島出身です」そういうのが恥ずかしいと感じた時期もあった。私が東京に出た時でさえ、そう感じた。

では、今の子供たちが福島からでて行くときはどうだろう。私が感じた田舎者のレッテル+原発事故のイメージがつくだろう。

今は福島の中だから感じないことを感じるようになるだろう。その時になったら、もう親として出来ることは少なくなっているだろう。

そう考えると、今何が出来るだろうか、、

「福島の豊な風景を、楽しい自然を、発信していきたい」

「他県から福島に遊びにきて、楽しかった思い出を持った子供たちを一人でも増やしたい。」

そして、福島の子供たちが県外へ行った時、「福島行ったことあるよ、福島いいところだよね」そう言ってくれる友人周りに一人でもがいたら、どんなに心強いだろう。

私は、自分の子供には、高校卒業したら、県外に行って欲しいと思っている。自分がそうだったように、福島県のよさ、家族のありがたさ、沢山のことを学ぶことができる。

その時に自信を持って「福島出身です」そう言ってもらいたい。

福島の子供みんなが、そう言えるように、今、私のできることをし続けたい。そう思っている。

未来のみんなの笑顔が想像できたのが、萬平さんはラーメン、私は化粧品だった。

だから、私は「almoアルモ自然の恵をいただく化粧品」を作った。

今年は、県外の子供たちが遊びに来れるように、そっちの施策も動き出していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

アルモ化粧品ではお得な情報やスキンケアのヒントなどを公開しています。

お友達登録をしてお得な情報をお受け取り下さい!

LINEお友達登録

 

PROFILE
Emi Yokoo
almo化粧品の開発者で、エステティシャン、整体師として働きながら、自らも6歳3歳男子2人の子育てに奮闘中。
施術者として沢山の女性の肌に触れ、悩みを解消してきた経験から、時短、簡単にできる、美肌ケア、健康法を提案し、育児に家事に仕事に忙しいママライフを応援しています。
詳しいプロフィールはこちら